前へ
次へ

任意後見監督人はどんな役割があるか

後見人制度には法定後見人制度と任意後見人制度があり、法定後見人制度にはないが任意後見人制度にはある役割の人がいます。
それは任意後見監督人と呼ばれる人です。
法定後見人は元々家庭裁判所が選定することになっていて、任意後見人は自由に契約をして選定ができます。
任意後見監督人は家庭裁判所が選定をします。
法定後見人の選定においては家庭裁判所で十分考慮をした上で決めますので、選定した時点でその人に後見人としての役割を託します。
一方任意後見人制度においてはあくまでも自由に決めた人なので本当に後見人としてふさわしい人かどうかわからなかったり疑わしいこともあるでしょう。
そこで任意後見人の申請があった時点でその人が後見人としてふさわしいかが考慮され、必要に応じて任意後見監督人が選定されることになります。
役割としては任意後見人がきちんと仕事をしているかをチェックしその行動を家庭裁判所に報告します。
法定後見人制度と大きく違わないような調整をしてくれる人になるでしょう。

Page Top