前へ
次へ

口約束の借金を確実に返済してもらう方法

契約は法律上書面だけでなく口頭でも成立するとされています。
お金の貸し借りも契約になるでしょうが、貸してくれるように依頼をされて承諾して渡せばそれで成立になります。
契約に基づいて貸したことになるのでもちろん将来返済してもらう権利を持っていますが、相手がそれを言っていないというと話がややこしくなります。
借金を確実に返済してもらうには書面で借用書を作成した方がいいでしょう。
それが面倒なくらい小さい額は返済を期待しない、あげたと考えることも出てくるでしょう。
どうしても返済をしてほしい時は法律事務所に相談をして催促をしてもらったり裁判をしてもらうなどがありますが、証拠が無いと話が進まないときもあります。
もし口約束をしたときの録音情報があるときはどうなるかですが、裁判などになれば重要な証拠として扱われる可能性があります。
ただ音声情報は書面の借用書と同じとならないので、音声情報があるから確実に証拠になるかどうかはわかりません。
音声が借りた本人のものかどうか等調べた結果によるでしょう。

Page Top