前へ
次へ

成年後見人の類型が分からないとき

成年後見制度を利用するとき、その結果として後見人か保佐人か補助人かが決まります。
申請の時には医師の診断書が必要になり、診断書の内容によってある程度事前に何になるかが分かっています。
後見人や保佐人なら本人の同意は不要ですが補助人なら同意が必要です。
しかし医師の診断書でははっきり分からないときもあります。
一応は医師が今の症状であればどの類型になるかは伝えてくれますが微妙な時もあるようです。
まずは医師の話に従って手続きをすると良いかも知れません。
保佐人か補助人かが微妙な時は同意を得ておいた方がいいでしょう。
実際には家庭裁判所において鑑定がされてその上で類型が決定されます。
もし当初の申し立ての類型と鑑定後の類型が異なるときは、改めて鑑定後の類型での申請が必要になります。
その時は申し立ての趣旨の変更の手続きを行います。
あくまでも裁判所が行う鑑定が重視されることになるので、それを知った上で手続きを行うようにしていかなければいけないでしょう。

Page Top