前へ
次へ

交際相手から受けたプレゼントの所有権

色々な機会にプレゼントをあげたりもらったりすることがあるかもしれません。
家族同士もあればビジネス上で行うときもあり、家族であれば家族内でお金とものが移動するだけです。
ビジネス上においては付き合いなどもあるでしょうから、プレゼントによって商談に影響したりもあるのでしょう。
それ以外のプレゼントの授受であるのが男女間の交際相手同士かもしれません。
単なる友達としての付き合いもあれば、将来的に結婚をしようとしての付き合い、さらに互いの親も認めていて婚約に近い状態での付き合いもあるでしょう。
交際の全てが結婚につながるわけではなく別れてしまうこともありそうです。
もし分かれるときに交際相手からプレゼントや食事代などの金銭を返してほしいと言われたらどうしないといけないかです。
法律上は所有権はプレゼントを受けた時点でもらった人に移っています。
贈与をしたと判断されるので返す必要はありません。
ただし婚約時の結納などに関しては破談したときは返すのが一般的です。

Page Top